Home > 写真で見る改造作例 > 中級編 > 撃流破頑駄無
中級編 - 撃流破頑駄無

首を丁度いい長さに加工したら接着し肢体をメカニカルドッキング
動かして何処かの部分が壊れたりしなければ完成です。

鎧を付ければあっという間に撃流破

胴体と腕が平面で可動はある程度殺されますが十分動きます。
腕をBJにする事でより表情付けがやり易くなり、足が回るので足を前に突き出せる様になりました。
大旋鬼に比べて比較的に簡単に安定して出来ました。

出っ張りや特殊ギミック類がなければこのレベルの可動はできます。右はご本家のパーツを拝借。
丁度いいバランスになってます。爆狼疾風拳もできますがエフェクトがないと悲しいポーズなので割合。

比較

左が素組みで右が中級改造です。素立ちでの初級との違いは腕の関節が増えてる程度ですね。
大旋鬼に比べて比較的に簡単に安定して出来ました。

がっちりというよりは所々が細くなってメリハリが付いた印象になっていると思います。

これで中級編改造の撃流破は完成です、お疲れ様でした。

管理人の個人的補足コメント
やや駆け足気味で終わりましたがご容赦の程を。

大旋鬼と撃流破を選んだ理由の一つに
この2キットは興味ないけど荒鬼と爆流は好きだからそっちで改造してみようとか思う人がいればいいなぁと

その時に自分の手で応用が出来れば完璧です。

ページのトップに戻る

inserted by FC2 system